ひなげし伍長の日記

<< 2015/05 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
@gocyoufm からのツイート
mail
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!
 | 

2015-05-20

[]

  • エアフィックス 1/72 デファイアントMk.I(新金型)

f:id:corporal:20150516233446j:image

f:id:corporal:20150516232441j:image

f:id:corporal:20150519235034j:image

Do17とのセットの。

パーツの合いはいいしパーツも少ないのでちゃちゃっと組めていいキット。

ただ、キャノピーの窓枠モールドは相変わらずヌルく、マスキングの手間がかかるのでそこで結構手間取る。

特にディテールアップするつもりはなかったが、

操縦桿のわっかやピトー管といったパーツを処理する際に折ってしまい自作パーツに置き換えたといった具合に、

プラが柔らかすぎて細かいパーツの取り扱いには注意が必要で、

銃口を開口しようとするとそれだけでポッキリ折れそうだったので開口部を黒く塗って誤魔化す。

面倒だったので排気管も同様の処理。

胴体後部上面やコクピット後部パーツは選択式となっており、

https://www.youtube.com/watch?v=dIIqY81T67E

動画を見る限りだと銃塔の銃身がぶつからないよう近づいてくると引っ込む仕組みになっているようで、

その辺を再現するための選択式パーツの模様。

最初から両方とも引っ込んだ状態で固定しとけば余計なギミック組み込む必要ないのではと思うが、

そういうわけにはいかないんだろうか。

キット付属デカールだと側面の国籍マーク上部が欠けた状態になっている*1のは、

国籍マークがこの可動部分に跨っていた、あるいはそこでカットされていたのを再現しているためではないかと考え、

f:id:corporal:20150521003823j:image

実際、このPS-X機だと上部が欠けているように見える

B6パーツを使用して制作。

そのデカールはコードレター含めて一体化されておりそのまま貼ると不自然な位置取りになってしまうので、

コードレター部分と国籍マークにばらしてから貼ったほうがいいようだが、

気付いたのが遅くBだけ不自然に高い位置になってしまっている。

インストだと銃塔フィギュアを乗せようとするならA20を組み込むのを諦め下からくぐらせて座らせるよう指示されているが、

ジオング状態にして腰のあたりを削りこめばA20をつけた状態で上から組み込むのも可能だし、

どうせ胴体から下は見えないのでジオングになっていようが誰も分からない。

塗装は概ねインストの指示に従ったがMrカラーのダークアースをあけてみたら暗過ぎて気に入らなかったので、

RLM79サンドイエローにダークアースの役割をつとめさせる。

それでも暗いなあと思ってオレンジ入れてみたが明るくしすぎた気がする。

脚は黒で塗るよう指示されており現存機でも黒く塗られているが、

当時の写真を見る限りホイール部分と同じ色に見えるので銀色で塗っておく。

扉内側はよく分からなかったので指示に従い下面色にしておく。

*1:デファイアント単品キットのは通常の国籍マーク

ゲスト



トラックバック - http://mokei.g.hatena.ne.jp/corporal/20150520
 |