ひなげし伍長の日記

<< 2017/04 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
@gocyoufm からのツイート
mail
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!

2016-05-18

[]

  • エアフィックス 1/48 デファイアント

f:id:corporal:20160513163358j:image

f:id:corporal:20160513161957j:image

f:id:corporal:20160513162652j:image

f:id:corporal:20160513163308j:image

f:id:corporal:20160513162843j:image

キャノピーの窓枠モールドがダルいエアキットの特徴は今回も相変わらずなので、

エデュアルドのマスクパーツを使用して楽をする。

塗装はクレオスからRAFカラーの特色が出ているものの、

ダークアースの色味が暗すぎて馴染めないのでRLM79サンドイエローをベースに調色した色をダークアースとして、

他は特色に頼ったが、

緑と茶色の組み合わせってソ連機と同じだからソ連機っぽく見える…

迷彩パターンはキット指示に従ったが、

銃塔部分の黒塗装は途中までで全部黒は違うのでそこだけは指示を無視。

デカールは毎度おなじみカルトグラフ製で、

軟化剤塗って放置しとけば勝手にモールドに馴染んでくれてるので助かる。

ChasityChasity2017/01/04 22:35tinyurl.com/htm2scp#OsJGcnS мoneуmutua1 is fаst, eаsу аnd oрtimizеd foг youг dеvicе. clicк thе orаnge button bе1оw to bе tаkеn to thе оffiсiа1 tinyurl.com/zfqd2gd#KcJXpqK моnеyмutual sitе. 1еt's get started. havе you

best instant loans bad credit
cash loans online monthly payments
housing loan india
direct to consumer loans
cash advance page az

---->>> tinyurl.com/z8wc7k6#LyFFnbS

ChandlerChandler2017/01/06 00:27tinyurl.com/z8wc7k6#DmFVusD instа11mеnt 1oаns seгvе a vаriеtу оf financiа1 neеds. the со1latегаl уou wish tо usе tо seсuгe the loаn dеtermines the 1oаn aмount fог which yоu arе apрrovеd,

emergency hvac loan program nashville tn
payday lones
payday loans in louisville ky
lowest apr loan
i want only direct lender for a payday loan

=>> http://tinyurl.com/jghm4af#KuGAhkC

CydneyCydney2017/01/06 19:27buyers looking for wholesale breast actives tinyurl.com/h543e5n#oramuwq in beauty &amp; health also . thin loose solid director photographer more active vest pockets outerwear m. 8
~~>>>>> http://tinyurl.com/h543e5n#LcWCkvT

DeirdreDeirdre2017/01/07 22:43alta natura terra nata - garcinia cambogia tinyurl.com/jesoz3t#ArLZdiR 100 x 400mg. it's a plant that is currently used for slimming 9,00 € 10,00. alta natura. terra nata - caffe verde.
----->>>>>> tinyurl.com/jtr3vwq#UxQCiaH

CristalCristal2017/01/11 03:23mp3 fifth harmony - myfreemp3.review/search/mp3-fifth-harmony/
download free music

2016-04-24

[]

  • エアフィックス 1/48 デファイアント

コクピット内は1/72より精密になってるとはいえ、

全体としては1/72をスケールアップした感じのタッチでスジ彫りがきっつい。

97艦攻とかシャクルトンみたいに、もっと細いタッチだといいんだけどねえ…

全部埋めて彫り直すのは手間なのでその辺は気にしない事にするが、

1/72でも気になっていた点として、胴体側面のパネルラインが少なすぎる。

見る角度によっては木製機のようにも映るが、

実機写真を見てみるともっとラインがあるように見えるので、

f:id:corporal:20160422153423j:image

分かる範囲で追加しておく。

f:id:corporal:20160424233725j:image

スピナー中程にもラインがなく、

付属マーキングAのスピナーの白と黒の境目がこのラインだと思うので、

ここの追加が面倒なら全部真っ黒のマーキングBを選ぶと楽そう。

f:id:corporal:20160419232624j:image

翼縁はいつものエアフィックスキットよりは薄いもののそれでもまだ分厚いので、

薄く見えるように削り込んでおく。

f:id:corporal:20160416152928j:image

f:id:corporal:20160422153515j:image

尾翼上面周囲には変な段差がついているので処理しておき、

動翼部分はパーツ番号こそ違えど左右同じになっており、

多分間違いだと思うが直すの面倒なのでスルー。

2015-11-05

[]

模型作ってないわけじゃないし色々完成させてはいるけど、

写真撮る気力が湧かなかったりなんやらで半年経ってしまった…

  • モンモデル(モンキッズ) -/- B-17

唐突にモンちゃんから発売されたデフォルメB-17キット。

スナップフィットかつ色プラなので接着や塗装といった作業抜きで組むことも可能だが、

その辺やって真面目に制作。

f:id:corporal:20151104224337j:image

f:id:corporal:20151104224429j:image

f:id:corporal:20151104224515j:image

f:id:corporal:20151104224536j:image

f:id:corporal:20151104224925j:image

キャノピー等の透明部分はクリアパーツを内側からはめこんで再現する方式で、

面倒な塗り分け作業をする必要なし、

と思いきや上面のターレットはフレーム部分の塗り分けが必要。

機首のクリアパーツは前面、側面、天測用ドームが全て一体化された1パーツで構成されており、

バラせば完成後に組み込めるので塗装する場合も恩恵に与れる。

尾部は後から組み込もうとすると機体を切り刻まないといけないので、

普通にマスキング。

流石に銃口は開口されていないので開口しておく。

マーキングは選択の余地なくNine-O-Nine機で、

こういうキットだからシールで再現するのかと思いきや、

ちゃんとデカール、それもカルトグラフ製の物が付属。 

機首ノーズアート付近には本来ならハーケンクロイツがあるはずだが×になっており、

同時発売のグライフだと完全にスルー。

同じモン製品でもMe410だとバラしてはあるがハーケンクロイツも用意されていたので、

欧州メーカーのように完全NGではないんだろうけど、

本来ならちびっこ用キットなので自主規制したっぽい。

2015-05-20

[]

  • エアフィックス 1/72 デファイアントMk.I(新金型)

f:id:corporal:20150516233446j:image

f:id:corporal:20150516232441j:image

f:id:corporal:20150519235034j:image

Do17とのセットの。

パーツの合いはいいしパーツも少ないのでちゃちゃっと組めていいキット。

ただ、キャノピーの窓枠モールドは相変わらずヌルく、マスキングの手間がかかるのでそこで結構手間取る。

特にディテールアップするつもりはなかったが、

操縦桿のわっかやピトー管といったパーツを処理する際に折ってしまい自作パーツに置き換えたといった具合に、

プラが柔らかすぎて細かいパーツの取り扱いには注意が必要で、

銃口を開口しようとするとそれだけでポッキリ折れそうだったので開口部を黒く塗って誤魔化す。

面倒だったので排気管も同様の処理。

胴体後部上面やコクピット後部パーツは選択式となっており、

https://www.youtube.com/watch?v=dIIqY81T67E

動画を見る限りだと銃塔の銃身がぶつからないよう近づいてくると引っ込む仕組みになっているようで、

その辺を再現するための選択式パーツの模様。

最初から両方とも引っ込んだ状態で固定しとけば余計なギミック組み込む必要ないのではと思うが、

そういうわけにはいかないんだろうか。

キット付属デカールだと側面の国籍マーク上部が欠けた状態になっている*1のは、

国籍マークがこの可動部分に跨っていた、あるいはそこでカットされていたのを再現しているためではないかと考え、

f:id:corporal:20150521003823j:image

実際、このPS-X機だと上部が欠けているように見える

B6パーツを使用して制作。

そのデカールはコードレター含めて一体化されておりそのまま貼ると不自然な位置取りになってしまうので、

コードレター部分と国籍マークにばらしてから貼ったほうがいいようだが、

気付いたのが遅くBだけ不自然に高い位置になってしまっている。

インストだと銃塔フィギュアを乗せようとするならA20を組み込むのを諦め下からくぐらせて座らせるよう指示されているが、

ジオング状態にして腰のあたりを削りこめばA20をつけた状態で上から組み込むのも可能だし、

どうせ胴体から下は見えないのでジオングになっていようが誰も分からない。

塗装は概ねインストの指示に従ったがMrカラーのダークアースをあけてみたら暗過ぎて気に入らなかったので、

RLM79サンドイエローにダークアースの役割をつとめさせる。

それでも暗いなあと思ってオレンジ入れてみたが明るくしすぎた気がする。

脚は黒で塗るよう指示されており現存機でも黒く塗られているが、

当時の写真を見る限りホイール部分と同じ色に見えるので銀色で塗っておく。

扉内側はよく分からなかったので指示に従い下面色にしておく。

*1:デファイアント単品キットのは通常の国籍マーク

2015-05-02

[]

f:id:corporal:20150501161352j:image

f:id:corporal:20150501161419j:image

f:id:corporal:20150501161456j:image

f:id:corporal:20150501161914j:image

f:id:corporal:20150501161548j:image

f:id:corporal:20150501160334j:image

シートはエデュアルドのレジンパーツ、ピトー管はマスターモデルの金属パーツに交換の、

お手軽ディテールアップで完成。

キットパーツままだと概ね左右対称のお行儀のいい搭載スタイルになるけど、

AIM-9は1本だけでAIM-120を3本というのも結構見かけるので、

もう1本調達してきて左右非対称にしてみる。

付属デカールは国籍マーク等の一部マーキングのグレーの青みが強すぎる点が気になる。

2015-04-25

[]

f:id:corporal:20150426000528j:image

ギアベイ内部の青く塗るよう指示されている箇所はバッテリーで、

青色をしているのは旧式ので新しいのは赤色をしており、

http://data3.primeportal.net/hangar/louis_chang/f-16a_blk20/images/f-16a_blk20_014_of_105.jpg

http://www.dacoproducts.com/KDCB001.php

http://walkarounds.scalemodels.ru/v/walkarounds/avia/after_1950/f-16cg_apess/f-16cg_apess_0005.jpg.html

http://www.cybermodeler.com/aircraft/f-16/images/oropeza_f-16b_46.jpg

何時頃から新型が出回りだしたのかは不明だが昨日今日の話ではなさそうなので、

90年代のF-16ならともかく最近のなら指示は見なかったことにして赤く塗っておくのが無難。

ギアベイ後方の金属色で塗るよう指示されているハッチは後方だけが指示どおり金属色で前方は機体色ままが正しく、

間違いとは言い切れないバッテリーの件とは違ってこちらは今も昔も両方とも金属色だったことなどない。

http://www.airliners.net/photo/Belgium---Air/General-Dynamics-(SABCA)/2556341/L/&sid=355397e5b307b0225ecde5f2ce05126c

http://www.airliners.net/photo/USA---Air/General-Dynamics-F-16A/0668219/L/&sid=355397e5b307b0225ecde5f2ce05126c

http://www.airliners.net/photo/USA---Air/General-Dynamics-F-16C/2623645/L/&sid=8f197a8216477d17e844aa834c0b56e7

2015-04-06

[]

タミヤF-16キットに共通する話だが塗装図の迷彩パターンは鵜呑みにしない方がいい。

昔の米軍F-16は概ねタミヤの塗装図のような塗り分けになっていたが、

http://www.airliners.net/photo/USA---Air/General-Dynamics-F-16C/1640799/L/&sid=d40d042f0cb395dfd2cba5fc0cb7feed

90年代後半頃から一色省いて簡略化した塗り分けの機体を見かけるようになってきたので、

http://www.airliners.net/photo/USA---Air/General-Dynamics-F-16CG/1425064/L/&sid=d40d042f0cb395dfd2cba5fc0cb7feed

念のため写真を見てどっちの塗り分けがされているか確認した方がいい。

1/72の場合付属マーキングは92-3884、91-0352、91-0379の計3機で実機写真を見てみると、

92-3884(2010年)

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-08-4b/find08/folder/1200686/25/34347225/img_2?1288310320

91-0352(2011年)

http://www.airliners.net/photo/USA---Air/Lockheed-F-16CM-Fighting/1997726/L/&sid=860efbdd2229fb0e8f267f25a060bbab

91-0379(2001年)

http://www.f-16.net/g3/var/resizes/f-16-photos/album38/album64/91-0379.JPEG?m=1371897320

最後のだけ微妙だけどどれもツートンカラーっぽい?

あと、最近だとこんなのもある。

http://www.arcforums.com/forums/air/index.php?showtopic=271764

塗装から話は逸れるが、

同じ92-3884でも上の写真や↓の2008年時点では垂直尾翼付け根部分に通気孔が確認できるが、

http://www.airliners.net/photo/USA---Air/Lockheed-F-16CM-Fighting/1381197/L/&sid=3029f65cb91d08a7d6e6bdd71f45c155

2013年や14年に撮影されたのだとこれが見当たらない。

http://yokotajoho.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/09/04/f16cj130904g827.jpg

http://www.f-16.net/g3/f-16-photos/album38/album69/92-3884-855198285

詳細不明ながら同様の措置をなされた機体は他にも確認できるので、

この機体特有の特徴というわけではなく最近の改修ポイントくさい。

そういうわけで、この部分のモールドを削ってナウいスタイルにしつツートンカラーで塗装。

f:id:corporal:20150406223039j:image