ひなげし伍長の日記

<< 2018/06 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
@gocyoufm からのツイート
mail
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!
|

2014-09-10

[]

  • ICM 1/48 Do215B-4

主翼の作業が終わるのにもう少しかかるので先に胴体編。

f:id:corporal:20140726002919j:image

このキット、爆弾倉が再現されており隔壁パーツが胴体の補強材の役目も兼ねているのはいいが、

そのままだと主翼と干渉してしまい、

爆弾倉を開状態で作って中を見せたい場合は結構な調整が必要。

今回は中を見せるつもりはないので干渉部分をぶった切って強引に解決する。

f:id:corporal:20140910220059j:image

Do17/215の水平尾翼は取り付け角度を変更することができ、

http://www.wwiiaircraftphotos.com/LCBW10/Do215-003af+s.jpg

http://www.wwiiaircraftphotos.com/LCBW10/Do215-007f-s.jpg

胴体とツライチにならず段差ができているのが目立つので、

そう見えるように細工をしていく。

f:id:corporal:20140726003025j:image

f:id:corporal:20140910215924j:image

コクピットカラーはRLM02なのか66なのかで迷い、

17Zだと暗そうな色調に見える→66?→生産時期が近いので215も66?、と考えRLM66で塗る。

素組だと計器板と機体との間に変な隙間ができてしまい、

実機を見てもそんな隙間はないと思うのでプラ板でグレアシールドを追加しておく。

シートベルトにはファインモールドのナノアビエーションのパーツを使用してみたが、

エッチングパーツより凹凸があり曲げ加工もしやすいので使いやすい。

2014-08-31

[]

  • ホビーボス 1/35 T-35初期型

手直ししたいところはあるけど後日やる気が起きたらにして、ちゃちゃっと組む。

f:id:corporal:20140825233009j:image

f:id:corporal:20140825232918j:image

f:id:corporal:20140825233053j:image

f:id:corporal:20140825234155j:image

IDKのキットと違ってインテリア再現こそないものの、

あっちを組むよりこっちを組む方がずっと楽だと思う、持ってるだけで組んでないから印象論だけど。

f:id:corporal:20140823011124j:image

個体差の問題かもしれないが自分が組んだのだとシャーシ>車体上面と、

コンマ数ミリほどシャーシのが長く綺麗にはまってくれなかったので車体上面を前後にぶった切って対処。

オレンジ丸部分なら排気管で切断跡は見えなくなるので事後処理は一切不要。

このキット、三種類の砲塔それぞれに気になるところがあって、

主砲塔は鉢巻きアンテナの支柱が6本と8本のタイプの選択式になっていて、

写真を見る限り6本タイプはレアっぽい気がするけど実際はどうなんだろう。

上面の星型プレスはキットの表現ではオーバーかもしれないが、

模型的表現優先ということでアリだと思う。

f:id:corporal:20140823011828j:image

中砲塔は機銃を取り付けようとすると、防盾裏でパーツが干渉して主砲と平行にならず下を向いてしまうので、

色丸部分のどちらかを除去する必要がある。

銃塔はソ連戦車お馴染みのつり下げ用アイをつけるもつけないも自由になっているが、

T-28だと確かについていないけどT-35でついてないのは確認できなかったので、

これはどちらでもいいじゃなくてつけないとダメだと思う。

f:id:corporal:20140827130800j:image

正面を向けていると隣の中砲塔で見えなくなる銃塔右側にも視察孔があるように見えるが、

http://beutepanzer.ru/Beutepanzer/Museum/T-35/t-35_Nr336-01.html

これがないので銃塔を外側に向けて見せたい場合はこれを追加した方がよさそう。

前後計4箇所ある牽引フック取り付け具はリベットが省略されているので、

Aランナーの予備リベットでもなんでもいいから植えた方がいい。

f:id:corporal:20140826001256j:image

車体後部のRがついてる辺りは後方への張り出しがなく、

ケツから眺めた時に違和感がある。

f:id:corporal:20140824225106j:image

f:id:corporal:20140824233408j:image

サイドスカートステーはエッチングパーツで再現することになり、

それらの中にフェンダー上の途中で欠けている物があるが写真を見てもこんな措置とられていないように見える。

2014-08-09

[]

  • ICM 1/48 Do215B-4

主翼編その2。

f:id:corporal:20140725235422j:image

f:id:corporal:20140809232357j:image

エンジンナセル部分を正面から見た時に、

http://www.wwiiaircraftphotos.com/LCBW10/Do215-014f-s.jpg

頬から顎にかけてのラインが実機と比べて角ばり過ぎていると思うので角を取っておく。*1

f:id:corporal:20140809231536j:image

カウリング正面向かって右側には左右ともに小さなインテークが設けられているが、

http://www.wwiiaircraftphotos.com/LCBW6/Do215-08f.jpg

これが省略されているので追加しておく。f:id:corporal:20140809231636j:image

主翼上面には17の時にはなかったインテークが追加されているがこれも省略されているので追加しておく。

http://www.wwiiaircraftphotos.com/LCBW9/Do17-Z-22f+.jpg

http://www.wwiiaircraftphotos.com/LCBW6/Do215-06f.jpg

調べたところ、72キットではどちらもちゃんと存在しているのに何故48だと忘れ去られているのか…

エンジンナセル部分と主翼との合いはかなり悪く、

モスキートのように主翼後縁からはみ出た部分と主翼はツライチになるのが正しいがならないのでプラ板で修正し、

http://www.wwiiaircraftphotos.com/LCBW10/Do215-006f-s.jpg

f:id:corporal:20140809231707j:image

翼下面側も盛大に隙間ができるのでパテで埋めておく。

*1:分かりづらいけど上が作業前で下が後

2014-07-25

[]

  • ICM 1/48 Do215B-4

主翼編。

f:id:corporal:20140725234810j:image

f:id:corporal:20140725234908j:image

エンジンが再現されているものの、

カウルをはじめとしたその周りのパーツの合いがかなり悪いので、

エンジンを見せるのは潔く諦めた方がよさげ。

プロペラとスピナーはそのままだと変な隙間ができてしまうのでプラ板で塞いでおく必要があり、

理想を言うならスピナーにパネルラインを追加した方がいいんだろうが、

綺麗に彫れる自信がないので気付かなかったことにする。

f:id:corporal:20140725235422j:image

Do215ではDB601エンジンを搭載するのに合わせて、

主翼にインテークが追加されておりその位置は左右ともにエンジンナセルの正面向かって右側になるが、

http://www.militaryimages.net/photopost/data/522/Dornier_Do_17Z-2_at_Noljakka_on_10th_June_1943.jpg

http://www.wwiiaircraftphotos.com/LCBW5/Do215-B5-05.jpg

http://www.wehrmacht-history.com/images/luftwaffe/bombers/dornier-do-215-bomber-2.jpg

キットだと右翼側のは正面向かって左側にモールドされているので修正しておき*1

インテーク内部のディテールをプラ板で追加しておく。

*1:もうちょい右が正解な気がする

2014-07-18

[]

f:id:corporal:20140718155201j:image

f:id:corporal:20140718155436j:image

OVM系がついてないけど概ね完成。

最初からこれでよかったじゃんダイキャストとか何だったの?、

なシャーシはプラ製の新規パーツで箱組だけど精度はいいので問題なく組みあがり、

同じく新規の砲塔周りの合いもよく完成まであっという間だが、

幾つか気になる点がある。

サスパーツはサス中央にある2本のダボピンが若干長すぎるので切りつめてやるといい。

車体前面のライトガード取り付け用のダボ穴の一方は増加装甲で隠れるが、

もう一方は露出したままなので埋める必要があるのに何故か埋めろという指示がなく、

タミヤだからと油断しているとはまる罠がある。

完成見本でも謎の窪みとして残ったままになってるし、タミヤ的にはこういう仕様だという考えなのか。

何年も前にこのキットの前身のM10作った時も同じこと思った気が駿河、

f:id:corporal:20140718155612j:image

側面のスポンソン裏が筒抜けで車内を覗きこむと砲弾ラック越しに履帯が見えてしまうので、

プラ板で塞いでおく必要がある。

f:id:corporal:20140718155831j:image

車内の機関室と戦闘室を隔てる隔壁パーツが天井まで届かず隙間ができてしまい、

砲塔つければほとんど分からなくなる個所とはいえ、

実物はちゃんと天井まで届いているのではと思うが実際はどうなんだろう。

最後に、キットの出来とは関係ないけど間違い探し。

http://www.tamiya.com/japan/hobbyshow/news1405/report/photo/32582_4.jpg

http://www.1999.co.jp/itbig27/10271346n.jpg

f:id:corporal:20140718235927j:image

f:id:corporal:20140718235925j:image

2014-05-28

[]

  • フジミ -/- ちび丸艦隊「赤城」

f:id:corporal:20140528150705j:image

f:id:corporal:20140528153249j:image

f:id:corporal:20140528153437j:image

f:id:corporal:20140528153501j:image

f:id:corporal:20140528153746j:image

完全ストレート組でいこうと思ってたけど、

甲板に基部だけ再現されてるアレスティングワイヤーと滑走防止策をメタルリギングを使って追加しておく。

ただ、これをやるなら同時に艦橋横のマストも作り直すべきだったかなあとちょっと後悔。

根元が3mの宇宙人の下半身みたいになっててかなり違和感がある。

ついでに日章旗も付属シールじゃなくて1/350付属品を活用した方がよかったかも。

艦載機は全部乗っけてみたけど、

艦橋とマストが邪魔で最後尾の機体は落っこちる寸前になってしまうし、

後方に比べれば前方にはまだ余裕があるが、

離陸できるんだろうかという距離しか滑走できないのでとにかくキツキツ配置。

艦載機は概ねよく出来てるとは思うが、

九七式はカウリングがでかい1号を意識したデフォルメになっているのでコレジャナイ感がある。

胴体下には魚雷が一体成型されており、

修正は困難なので淵田美津雄機を意識して尾翼を赤く塗った機体も雷装しているがそこは気にしない。

邪熟邪熟2014/05/29 23:52あれ、艦載機結構な地獄。
そういや1/72のハセ高い高い80番付き97買ったけど、どこ逝ったかなあ。

corporalcorporal2014/06/04 20:33面倒だけどそこそこ大きいから、
1/700艦載機の処理に比べたら余裕余裕

2014-05-13

[]

  • フジミ -/- ちび丸艦隊「赤城」

f:id:corporal:20140513232303j:image

f:id:corporal:20140513232433j:image

塗装の際に邪魔になりそうなパーツ以外は組み込んだところ。

船体や船底パーツはスライド金型使って成形しており、

デフォルメスタイルながらディテールたっぷりなのはいいが、

いつものフジミ艦船キットと同じくらい合いがよくないので、

合わないダボを削ったり細くしたりと要調整な場面が多く、

お手軽キットっぽい箱絵とは裏腹にパーツの多さも相まって結構手間がかかる。

微妙に隙間ができている箇所があるが、そこまで真剣に向き合う気はないので程々の処理で。

せっかく艦これで艦船模型に注目が集まってて、

なおかつ新規層にも手にとって貰えそうなキットなんだから、

いつもは適当やってそうなパーツの勘合調整にもっと気配ろうよフジミ…

|