ひなげし伍長の日記

<< 2012/12 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
@gocyoufm からのツイート
mail
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!
 | 

2012-12-27蛇の目強化月間

[]

※リンク先は18禁なので、よい子は踏まないように

前回まではトンキンまで行かないと参加できなかったクイズが、

帝都でも行われているので早速回答してきた。

http://clochette-soft.jp/html/news/pricolle_news03.html

当たったらいいネタになるけど、実際のところ使い道に困るw

それはそうと、新作宣伝のバナーを設置しておくと後日見返りがあるそうなので、

早速貼ってみた。

モチベ維持のためのチラ裏なここも、たまには役に立つもんだ。

[]

大日本絵画からF-16Iのディテール本が出ていたのでちょっと立ち読みしてみたが、

案の定イスラの日本語版で、

本家からしてディテール解説が皆無に近い有様だったがこちらでも同様と、

未所持ならともかくイスラのを持っているならあえて買う価値はなさげ。

あの本はそこが一番のネックだと思うので、

そこをしっかりと補完してくれているとよかったんだけど…

[]

なんとか年内に間に合ったが、分けて披露するタイミングを逸したのでまとめて。

  • エアフィックス 1/72 ソードフィッシュ水上機型

パーツの合いについては概ね良好だけど、胴体と上翼をつなぐちっこい支柱の合いが少々辛い。

フロートと支柱も、支柱側のダボをダイエットさせてやらないと綺麗にはまってくれない。

ラダーはそのままだと離れすぎてしまうので、基部を若干削っておく必要あり。

f:id:corporal:20121227215002j:image

コクピットはよくできていると思うが、

真ん中の人の座席が座布団状態で違う気がするので、

タミヤを参考に位置を変更するとともに嵩上げしておく。

パーツ10Bは胴体に向けて触覚のような物が生えているが、

これは実機にはなさそうなので除去して、胴体側の穴も埋めておく。

胴体筋彫りがあまりにもダルいので彫りなおしておきたいところだが

胴体にはこれまたダルいがモールドがあり、

筋彫りの彫りなおしをした後で毛羽立ちを除去するために表面処理をするとこのモールドがネックとなるので、

毛羽立ちの少ないラインチゼルを使用し、表面処理をせずに済むようにしておく。

張り線は1/48タミヤみたいな純正パーツがあるわけじゃないので、

タミヤのソードフィッシュを参考に張り線差込用の穴をめけて、

現物あわせでちょっとやそっとじゃ曲げ癖のつかないピアノ線を差し込んでいくが、

実機を見てみると結構な存在感がある代物であまりにも細い糸状の物では違和感があると思い、

0.2mmの物を使用。

付属インストの塗装図だと

フロートと胴体の下面色は主翼とは異なっており、

上の翼と下の翼で使用される塗料が異なっているそうだが、

前者はともかく後者はとてもじゃないが信じられず、

信頼に足る代物ではなさそうと判断して、タミヤ1/48の塗装図を妄信することにする。

下面の色違いは、in actionの水上機の写真を見てみると色調が違うような気もするが、

深く考えない。

空軍と海軍では使用塗料が異なっているようだが、

色見本を見てみるとやや色調が違う程度の代物のようなので大きく妥協して、

クレオスRAFカラーセットのダークグリーン、ミディアムシーグレー、オーシャングレーを使用。

f:id:corporal:20121227215000j:image

f:id:corporal:20121227214958j:image

 |