ひなげし伍長の日記

<< 2012/04 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
@gocyoufm からのツイート
mail
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!
 | 

2012-04-14

[]

今やF-15E専用となっているGBU-28だが、

1/32だとタミヤF-15E、

1/48だとちょっと前にアカデミーが出したF-111Cオーストラリア空軍のキットにオマケとして、

それぞれプラパーツでキット化されているが、1/72だと心当たりがない。

というわけで、1/72でGBU-28を作ってみることにする。

外観的には第3世代ペイブウェイの頭と第2世代の尾部を備えているように見える、

GBU-27の弾体部分を長くした形ということで、

ハセにF-117のLランナーを請求してGBU-27ベースで作る方法が一番手っ取り早そうだが、

もっと安上がりに済ませてみる。

ハセの武器セットから、ほぼ同径のGBU-24の頭とGBU-14のケツを持ってきて、

GBU-10よりもGBU-14の方が、ギャップが小さい

これにプラ棒をくっつけてやればそれらしいものができあがるが、

真ん中の弾体部分は5.1-5.2mm径が望ましいものの、市販のプラ棒でそういうものは心当たりがない。

そこで、エバーグリーンの4.8mmプラパイプ*1に0.2mmプラ板を巻きつけて強引に径をあわせる。

適切な長さに切り出したこのプラ棒と各パーツを張り合わせて合わせ目を消し、

フィンの形状を修正して、GBU-28完成。

f:id:corporal:20120414223651j:image

f:id:corporal:20120414223647j:image

とまあ作って色まで塗っておいてなんだけど、今回はGBU-28を搭載させるつもりは全くない。

酔った勢いで作ってみたくなっただけ。

イスラエルがこれを所持しているらしいので、F-15Iを作る気になったらその時にでも使う予定。

今回搭載させる兵装はこっち。

f:id:corporal:20120414223642j:image

前にも少し書いたが、

500ポンド級レーザー誘導爆弾とJDAMの混載にスナイパーポッドという、

ナウいスタイルにしたかったのが近年のF-15Eを目標にしてきた理由。

*1:正確な外径は4.75mm

 |